BIOGRAPHY|バイオグラフィ

Dr/Cho 山上教経 Gt/Vo 柳井良太 Ba/Vo 小森誠

1997 横須賀、同じ高校の在学中にロックンロール・バンド「LINK」を結成。
1999 1st Album "YOU GOT THE LINK"をリリース。
2000 2nd Album "HEART ATTACK MACHINE"をリリース。
2002 3rd Album "REVOLUTION ROCK"をリリース。
2003 現在でもLIVEでのキラーチューンである、「月面砂漠ローリングロック」を収録したMini Album "月面砂漠ローリングロック"をリリース。
このMini Albumと3rd Album "REVOLUTION ROCK"がきっかけとなり、GREEN DAYのビリー・ジョーのハートを射抜き、ビリー・ジョーとLINKのメンバー自身が選曲したベストソング9曲に、サンフランシスコのスタジオでレコーディングし、ビリー・ジョーがミックスダウンを手がけた新曲3曲を加えたImport Album "THE KIDS ARE ALRIGHT"をビリー・ジョーのレーベル、ADELINE RECORDSより全世界リリース。
2004 10月から日本国内19カ所、アメリカ6カ所にてGOLD FIELD TOURを敢行。
2005 2004年に行ったGOLD FIELD TOURの際にライヴ会場のみで販売した3曲入りシングル "GOLD FIELD"に1曲を追加し、ジャケットデザインも新装し、"e.p. plus"としてリリース。
またPEDIGREES TOURも敢行し、ファイナルは渋谷O-WESTでのワンマンライヴを行う。
2006 アメリカでのツアーや、イタリアのコンピレーション・アルバムへの参加など、その活動がワールドワイドに広がってきた中で、4th Album "GOOD-BYE UNDERWORLD"をリリース。
また、4枚目となるシングル "素晴らしい世界"をリリース。
さらに2005年に行ったTOURのファイナルを初のライヴDVD "PEDIGREES TOUR 2005.11.28 at SHIBUYA O-WEST"として、5枚目のシングルとなる"ロマンチックサマー"と同時リリース。
この年の秋には柳井(Vo/G)が積極的に日本語詞に取り組んでいたのが、遂に開眼。この進化と共にサウンドも大きくステップアップし、柳井がアコースティックギター1本で何度か披露し、ファンの間で話題となっていた「もし僕がミックジョーンズみたいに」も収録した5th Album "OVER THE REVOLUTION"をリリース。
全19公演のツアー、"革命オーバーグラウンド"を敢行、ASIAN KUNG-FU GENERATIONのアリーナツアー、Tour酔杯2006-2007 "The Start of a New Season"の横浜アリーナ公演にゲストバンドとして出演、年末にはCOUNT DOWN JAPAN06/07に出演するなどリリース、ライヴと勢力的に活動を展開する。
2007 PUNK SPRING '07に出演。6月には初期〜中期の曲を新録したベスト・アルバム "UPRISING"をリリース。
秋には2枚目のライヴDVD "革命オーバーグラウンドTOUR FINAL at SHIBUYA CLUB QUATTRO -THE STORY OF OVER THE REVOLUTION-"をリリース。
2008 多くのファンに惜しまれながらクラブチッタ川崎でのワンマン・ライヴを最後に解散。
2010 2年間の沈黙を破り、遂にLINK再始動。
ライブ会場&TOWER RECORDS1000枚限定シングル第一弾"2009 / 2010"、第二弾"月吠 / サバイバー"をリリース。
2011 ライブ会場&TOWER RECORDS1000枚限定シングル第三弾"ニュースタイルブラッドサウンド / WAY TO HELL"をリリース。
6th Album "夜を超えた音楽と思想"をリリース。
PROFILE

97年横須賀、同じ高校の在学中に結成されたロックンロールパンクバンド「LINK」。
柳井(Vo/G)のハスキーボイスと小森(Vo/B)のエッジの効いたハイトーンボイスから生み出される唯一無二のツインボーカル・スタイルに、山上(Dr/Cho)が加わることによりストレートでシンプルなサウンドに精彩のメロディラインが広がる。